相互リンクレーシック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「キンキューーッス!」 

この前「ピッチャー屋そば店」が消えうせたことを
受けて、急がないとドンドンなくなるゾ!「昭和遺産」
って事で、10年ぐらい前からチェックを怠ってきた
「祐天寺・ナイアガラ」へついに潜入ッス!

ナイアガラ 1-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

フッ・フッ・フッ…「名物」と、「ムード」の表現法に
「神田の古本屋」のような臭気が漂ってくるッス、
やっぱホンモノだな…ココは。

ナイアガラ 2-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

いつもバイクや車で通り過ぎるたび、マズいゾ…
ココは本気だ!って思ってたけど、

物質の発するオーラは現場の前に立つと、さらに
その突っ込み具合が伝わってくるッス。

ここは「鉄ヲタ」じゃないゾ!
「鉄ジャンキー」だ…

ナイアガラ 3-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

「鉄ヲタ」ならば、様々なメニューに
鉄道らしさを追求すると思うのだが、

ココはフードでカレーのみを提供して
陳列ディスプレー

そして堂々とカレーの皿に車両の名前をつける…
ムーう、どのカレーにしようか?
抽象的すぎて決めかねるディスプレーだ。

ナイアガラ 4-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

迷いながらもう一度お店の入り口を見回して、
店主の意図を汲み取ろうとしてみた。

食堂車のマーク… ますます汲み取れない。

とりあえず入店してみよう!
嫌がるカミさんとうれしそうな子供たちを
先に店へ押し出す。

ナイアガラ 6-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

「やっぱり…」
「鉄ヲタじゃないゾ、ジャンキーッス」

壁一面に貼りめぐらされたホンモノの
駅名プレートや様々な鉄道部品たち…

なにかボキとの共通点も感じられる。


ナイアガラ 7-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

「ウチもレコードやCD・楽器だらけで、
        音楽キ○ガイだもんなぁ…」

だからわかるのだ、これは「鉄」がメインで
「カレー」はいい意味で「盛り上げるためのツール」
でしかないのだ!

壁からは、
「お前らカレーを食ってる場合じゃねぇーゾ」
「店内を見よ!」 っと、聞こえてくるッス。

音楽的に表現すれば、
「見よ!このレコードの量・質を!」
「そしてこの機材!
おまえらまだまだ出す音がショボイぞ!」


ナイアガラ 5-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

それでもいちおう何かオーダーしないと始まらない?
ので、「新幹線カレー」、「超特急カレー」などを
オーダー。

昭和遺産のコーナーでもあるので、
「レモン・スカッシュ」も。


ナイアガラ 8-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

あらためて店内をぐるぐる見回す…
スゲー、レコードの数って感じ。

もっともっとコレクターはいるに違いない。
でもそいつらは「鉄ジャンキー」ではないはず。
あくまでも「ヲタク」 

ここはそいつらの一部が集まる場を提供している、
音楽的に言えば「クラブ」ッス。

と、いうことは ココのマスターはDJと同じ感覚で
「鉄ジャンキー」やってるワケだ!
(間違ってる国語はいちいちなおしません)


ナイアガラ 9-2
↑「999」?

Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

ん?「999」?

いま巷では、ジャニーズの看板タレントを使って
「ヤマト」だのやってますけど、ボキはどうせやるなら
実写版「999」をやって欲しかったなぁ、
なんて思うワケです。相当笑えるはず。

実写版ってどんな作品も、
原作に親しんだ人たちに納得されないヤツ
ばっかりッスよね。


ナイアガラ 10-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

そんなふうにボぉーっと想像しながら
カレーを待つ…

席の真横には辛さ表現が。ウン、やっぱりカレーは
腹を満たすのみのツールだな、ここのDJは…

投げやりなネーミングからもわかる。

甘口が「鈍行」という定義に、
「甘口党」の意見は通用しないのだ!

ナイアガラ 11-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

まだカレーはこない…
そんな状況下、マスターらしき人が
出てらっしゃって、うちの娘に

こんな赤い帽子をかぶせてくれた。
これも鉄道用の装備なんだろうな…

「手荷物運搬人」とある。
デザイン的に永田町に80年代まで活躍
してた「キャピトル赤坂」のポーターみたいな
デザインッス。

カミさんや息子にも車掌や運転手の
帽子らしきものをかぶせてくれる。

マスター、カレーはいつ来るの…


ナイアガラ 12-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

そうこうするうちに、HOゲージより
さらにデカい鉄道モデルが、レールにのって
走ってきた。 

その車両にカレーがのっている!


ナイアガラ 13-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

どうやら「新幹線カレー」が到着したようだ。
FXもSEもなにもない。ただ忍者のように

カレーがレールのうえをヒタヒタとせまり、
注文者のまえで停車し、

マスターはタイミングを見計らって
車両を引き返す… 

このお店は、六本木で延々と
ダンスクラシックスの皿を回し続ける老舗のような
もんだ。

ボキにはわかる、「ジャンキー」の気持ちが…

ナイアガラ 14-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

店を出て駅へ向かうと、カーネルが
笑ってたっていた。

クラブの帰りに飯を食って帰るように、
「鉄ヲタ」は、「ジャンキー」の店から帰る途中、

カーネルにヘラヘラしながらいい気分で
家路につくンだろうなぁ。

ナイアガラ 1-2
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

ウチへ戻って一息ついてると、娘が
「帰りにこれもらった…おじさんに」
といって切符のようなものを差し出した。

それには「ナイアガラ駅」の刻印が… 
あ、だめだ、マスターはジャンキーだ。

そしてボキは「自分もレコードジャンキーだ」と
あらためて思った。

「サッカーキ○ガイ」もよろしくね!

さて、これでまた昭和を清算したぞ。
前を向いて創造・創造!


※注意WARNING!※
個人・団体いずれにかかわらず、当ブログの情報をもとに
関連するアクション、及び調査などで発生したトラブルに
つきましては、いっさいの責任を負えません。
自己責任でよろしくお願い致します!
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

お問い合わせはお気軽に パパラッチへメールする


今日は「祐天寺ナイアガラ」を盛り上げ!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dbe4remix.blog76.fc2.com/tb.php/347-d71ec6ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。