相互リンクレーシック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「(T_T)ーーッス!Broken bones!」
だいぶ骨がひっつきはじめたパパラッチです…
Thuggish-Ruggish-Bone:Vinyl, 12
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.
Thuggish-Ruggish-Bone(paparac MIX)
/ Bone Thugs-N-Harmony
Vocals [Featuring] - Shatasha Williams


↑↑↑クリックで時間限定試聴(16Kbpsです)

今日は昭和ってこうだ! っていう食べ物の
ご紹介ッス。

わりと近所に、駒沢公園っていうのがバァーーン!
と構えてやがるンdeathけど、

ろっ骨や鎖骨がボキボキでも、車で公園に
連れて来てもらい 公園の空気ぐらい吸わせて
いただきましたワケです。

その公園の中に、レストスペースがあって、
少しばかりのフードコート風になってる。

もうかなりメディアやブログなんかで有名に
なってるネタですが、
「名物・駒沢カレーラーメンッス!

ナンダヨ、つまんねーの… とお思いでしょう。
でもコレは昭和を清算して創造力を
前に進めようっていう ネタですから。

少し私見的分析をしてから葬りましょう。

////////////////////////
とくに1990年代から最近までは、
食材・調味料・食文化へのアティテュードに
こだわりを見せ、

いままでの「間違いだらけの欧米知識」を正して、
コンセプトを提示し、 独自のスタンスを
示そうとする店舗は増加傾向にあると
思うンすけど、

80年代中頃あたりまでは、
いわゆる『合羽橋の味』(←ウィキウィキ言っちゃう場合)で、
外食の味ってもんは牛耳られてたワケです。
少なくとも関東圏は…

『合羽橋の味』とは、ひどいまとめかたをする
ならば、「一斗缶(イットカン)」のアレンジでしょ?

浅草に食材関係・食品サンプル・厨房関係の
巨大問屋街があって、 それが『合羽橋』という
街だっていうのは周知の事実。
ナポリタンの「ろう人形」
↑ナポリタンの「ろう人形」も売ってるよ!


食材・調味料の卸屋さんから「一斗缶(イットカン)」
ガンガン仕入れて料理をつくっていく。

すべての飲食店がそうであるワケが
ないんスけど、例えていうなら、

「近所の喫茶店」
「近所の中華料理店」
「駅ビルのカレースタンド」
「80sに急増した初期ファミレス」などなど、
カツカレーの、「ろう人形」
カツカレーの、「ろう人形」もよろしく!0606!


さまざまな場面で、『合羽橋』は大活躍!
とくに「一斗缶(イットカン)」いわゆる醤油・ドミグラ
・ホワイトソース・油系に始まり、

うなぎのタレ・アナゴの煮きり・パスタ、
ピザソース、そばつゆ・和風だし・関西だし
・カレーの素などなど、


ほとんどの食材をカバーして、
「業務用巨大パック」や「一斗缶(イットカン)」
にしてあるワケで、

外で飯を食うってことは、イコール『合羽橋』の
味を食わされてるって事ッス。


じゃあ、どこで食ってもみんな同じ味に
なるじゃん!? っていう事を思う人も
いるでしょうね。

そこが業務用食材の面白いところなンです。

どこのお店も料理を作る人間が違うので、
その『腕』によって大きく左右されるのは
言うまでもないトコロ。


「合羽橋」の「イットカン」は、すべての
外食エッセンスをカバーし、またその配合、
使い方のセンスで、無限大に可能性が
広がるワケです。

だからみんな同じ味にはならない…
例外として、喫茶店のナポリタンや
近所の中華料理店のチャーハンに付いてる

スープや醤油ラーメンのスープの味は
ほとんど似通ってるのが笑えるンですけど…
 
だから「そうそう、あの味」ってなる
ワケですよね。

さて生きて行くうえで全く必要の無い
アホな長文のあと、
本題の「駒沢カレーラーメン」ッス!
駒沢公園名物カレーラーメン
↑「名物?駒沢カレーラーメン」

Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

はい、コレは見事に80年代中頃までの「合羽橋」で
you get job done !

あまりにも特徴のないラーメンベースに、
「合羽橋ベース」のカレーが、巨大『昭和』!


コレ、先に申し上げた「最近の独自スタイル」に
満足感を得ている我々にとって、

「美味しい」ワケがないンですが、ワザと
ノスタルジーに浸るなら、

逆に笑えるので食べにいきましょうよ!
頭のハードディスクには記録されると思います。

人間はバカなので、たまにマズいものを食べて
おかないと、薄っぺらい人生になりそうです。

よし、これでまた「昭和」を清算したぞ…
前を向いて創造!創造!


※注意WARNING!※
個人・団体いずれにかかわらず、当ブログの情報をもとに
関連するアクション、及び調査などで発生したトラブルに
つきましては、いっさいの責任を負えません。
自己責任でよろしくお願い致します!
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

お問い合わせはお気軽に パパラッチへメールする
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dbe4remix.blog76.fc2.com/tb.php/299-d60919d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。