相互リンクレーシック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ヤマダァーーッス!」 

みなさま「ヤマダ」といえばヤマダ電機とか、ル・パティシエ・ヤマダ、
山田養蜂場、とかいろいろ思い出すかと思うンですが、僕の場合↓コレです。

山田うどんHP
著作権コピーライトは山田うどんさんのものです。

そう、山田です。最初に五日市街道でコレを見かけたときのショックは
いまでも忘れません。あくまでも個人の感想ですが、「ダッセー!!」

なんで「やじろべぇ」…  しかもなんで店の上でぐるぐる回転してる?!
ワッケわかんねぇ~ ヤベーな、ココ!

いざ勇気を振り絞って店内へ入ったのは、それから数ヶ月後の、
鶴川の山奥…  いまはもう無い支店でした。

メニューから、あったかいうどんとチャーハンをチョイス。
待つこと数分… 出てきたうどんは「合羽橋の味」を工夫なしでそのまんま一斗缶!

つまりあたりさわりのない業務系の味でしたが、そんなことは
ヤングライオンだった僕には関係ありません。ショックだったのは、

チャーハンにほとんど塩気が感じられず、自分でテーブルに
あった塩・胡椒・醤油で味付けをしたこと…

いままで、熱々のホカホカな味のないチャーハンを食べたこと
無かったのでショック!

極安だった価格から、「なるほど、味付けがセルフで極安か?」と、
ミョーに納得したモンです。ダッサい、やじろべぇのマークが刻印

された灰皿は、今となっては激レアです!前、ヤフオクで出品されてた
時は、巨笑いさせてもらいました。(著作権侵害ですよね?)


山田うどんコラボレーション川崎ふろん太
↑フロンターレのホーム「等々力」では、コラボが!

Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

山田うどん様の名誉のために言っておきますが、あくまで
個人の感想です。つい最近、1度入って食べましたが、

いたって普通の美味しさで味わうことができました。
ただ、これらの強烈なキャラクターは僕をひきつけて

やまないのも事実。山田うどんよ、これからも強烈な
オーラを放っててください! 0606!


※注意WARNING!※
個人・団体いずれにかかわらず、当ブログの情報をもとに関連するアクション、
及び調査などで発生したトラブルにつきましては、いっさいの責任を負えません。
自己責任でよろしくお願い致します!
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dbe4remix.blog76.fc2.com/tb.php/284-bb323108
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。