相互リンクレーシック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「0606ォーーッス!」


というわけで、またまたヤラレテしまいました!大企業に…
僕は1997年頃から、あいさつの1種として「親しい・親しくない」

かかわらず「0606ォーーッス!」 というふうにご挨拶して
まいりました。↓こんな感じで0と6を手で作って馬鹿っぽくやる。
0606!
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.


コカコーラの日本法人は、このたびチルドカップ商戦参入のブランド名を
「Olo Olo」と定めて商品リリースを展開するようになったのです。

「オロオロぉーーッス!」っていつも言ってた僕にしてみれば、
「ヤメテほしい…」です。
いつも回りにいるヒトたちは分かってるけど、今度からは

あんまり会わないヒトや、DJイベントなんかでハングアウトして
話すお客さん(初めて会うヒトたちとか)には、

「アッ!コカコーラのォ、オロオロだ!」
「ねッ!そうでしょ?オロオロ!」って突っ込まれるワケです。

「ヤメテほしい…」ッス。

この「Olo Olo」、コカコーラさんには悪いけどブレイク
しないでほしいですね。僕がずっと愛してるあいさつ方法ですから。

なんでオロオロかっていうと、90年代 まわりはみんな
「チェーーッス!」とか「チューーッス!」

「アザァーーッス!」とか言ってるのに飽きちゃったので、
なんかオモシロイあいさつ法はないかな?って思ったのがきっかけ。
ラージョ・バジェカーノ
僕はリーガエスパニョーラ2部のRayo Vallecano っていうチームが好きで 
ずっと応援してますが、情報を探すときスペイン語の辞書をひいてると「金」とか

「ゴールド」のことをスペイン語では「Oro」と言うのだってコトが
シンプルにわかるわけッスね。

あいさつを「キラキラ」っとした感性でやろうとすると、アクションを
つけるのが手っ取り早いわけで、ラッパーのように「ブリン!ブリン!」って

やっちゃうと、日本人的には「イタイ」感じになっちゃいマス。
Juvenile   400 Degreez
↑ブリン!ブリン!の代表格、CashMoney Records

Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.
Bling Bling (paparac Edit)
/ B.G. Feat. Big Tymers & Hot Boys

↑↑↑クリックで時間限定試聴(16Kbpsです)

そこでエスパニョールの登場です!「Oro!」「Oro!」

0と6を手で作って0606(オロオロ!)
これで完成ッス…  こんな感じで誕生しましたこの挨拶、

もうかれこれ12~3年やってるワケでして、コカコーラさん、
パクらないでください… ガクゥ~ん…

ホテル「オロ」 1
↑こちらは、ホテルの「オロ」

Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

オロオロォーーッス!
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.

※注意WARNING!※
個人・団体いずれにかかわらず、当ブログの情報をもとに関連するアクション、
及び調査などで発生したトラブルにつきましては、いっさいの責任を負えません。
自己責任でよろしくお願い致します!
Copyright(C) From 1998 dbe All Rights Reserved.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dbe4remix.blog76.fc2.com/tb.php/282-a764fc5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。