相互リンクレーシック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は以前のブログの続きなんですが、
「アメリカのメシはマズイ」とか言う人に真っ向から反論する
1ページでございます


アメリカ中西部から西海岸を1ヶ月ほどレンタカーでグルグル
回ってジャンク道楽をしたことがあります。
Jennifer Lopez
アタシも、エンチラにはうるさいのよ~ンハート


バーガー・インとか、テックスメックスとか、モーテルの脇とかの
ゴハン屋さんを、1ヶ月間食べまくりっス。

もちろんパッサパサのバンズにゴリゴリパテーのハンバーガーハンバーガーや、
GASスタンドの水にこげ茶の絵の具をいれたようなコーヒーコーヒーも、
何軒か味わったけど…
エンチラーダス
旅の終わりに近づいて、
シアトルで食べた、最高に旨いチキンエンチラーダス!!
確か「エル・カミーノ」とかいうお店だったと思うけど、日頃から
スパイシーな料理が好きな僕なので、アメリカにいるっていう

ヒプノタイズな状況を抜きにして冷静にあじわってみたのだけど、
やっぱり旨い!これは矛盾してるのか必然なのか?

アメリカ国道(インター・ステートではない)いわゆるルートの脇に
たまに出てくるテックス・メックスのメシ屋と比べても旨かった…
なぜか、シアトル!店を選べば旨いンすよ、やっぱり。
一言で、
having a fun

さて以前、店舗批評について書きましたが、こんどは店舗の
全体的なムードのことです。気になったのは


「お洒落にキメたいが為?に、いろいろ作るのは良いですが、普通に考えて食べ辛い」

「形がランダムすぎるうえに、切れ端まで入ってる。客をなめてる」

「カウンター席で、オジさんも目の前にいるし、食べにくいし…」

こういう批評をするヒトは、「楽しむ」ってことができないンでしょうか?

「お食事は、お行儀よく、黙って食べなさい!」っていう育ち方をするのと、
「食事はなかよく、楽しく会話を楽しんで!ケンカばっかりするんじゃないよ!」

っていう育ち方をするのとでは、その人のテーブルマナーがかなり変わって
くると思いますが、各人の育ちで食事中の楽しみ方や、嗜好が

大いに変わってくるっていうのは分かってます。(国語がおかしい)
でもソレを乗り越えてさらに新しい価値観や特定の人々のスタンダードを

楽しむ姿勢があってこそ、初めておもしろい食事ができるし楽しくなる…
どうでしょうか?

having a fun
悲しい事があってツライ思いをしながら食べたのを批評として
掲載するわけではないンだったら、「難くせ」を付けてる。としか
おもえませんね。

ピクルス編に続く… とにかくベーカーバウンスはいい…
Twitter今日は「ルート66」を盛り上げ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dbe4remix.blog76.fc2.com/tb.php/116-47c951b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。