相互リンクレーシック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きょうは川崎ファンとしては、残念な結果でした…
ところでkawasakiフロンターレ川崎フロンターレをJ1昇格に導いた松本育夫さん
ご存知でしょうか。

このヒトもまた、「お金じゃないよ。サッカーは、ヨロコビだよ。」を
体現する1人だと思ってマス。

僕はFC町田と川崎フロンターレのファンですが、フロンターレに着目した
のは、1999年に松本育夫さんが監督になったから。松本監督の
詳しい経歴はウィキウィキ言いながら調べてください

99年(J2時代) に川崎市の、柿生の山奥で「麻生グラウンド」が
完成したのもファンになるきっかけでしたけど。お隣の「鶴川駅」に

通学してたんスから、興味もわくっていうモンです。
FC町田ゼルビアは鶴川がホームですけど…
レッドカードサッカーに興味の無いヒト…退場よ~んハート

川崎市をあげての市民後援会を発足させて、脱企業スポーツの
色を出そうとする姿勢が強まったのは、松本監督の影響ではないか?
と勝手に想像します。

「富士通ではなく、市民が盛り上げる」のはこの頃から受け継いだ
ものだと思うわけですね。

2000年、J1に昇格した年は、富士通出身者の体制で運営。
松本監督を事実上権限の無い社長職へ据えたから、
わずか1年でJ2へ降格することになったッス。

この年限りで松本社長・小浜副社長、主将奥野僚右、中西など、
重要な選手やスタッフがクラブを去ったんスけど、

「人間」松本育夫・その魅力には、
「企業」富士通の市場リサーチが追いついてなかったな!
と思います。悪口じゃないッスよ。

ガキの頃は「日本電装」と「富士通」に興味があった
んですからね、悪口じゃなくてJリーグとしての脱企業ですよ。
フロンターレ14FC東京から帰還の佐原!
今考えてみても、ずっと松本体制だったとして…
浦和へ行き⇒産油国方面へ出稼ぎにイってしまった「エメルソン」、
札幌からのFWバルデス、茂原岳人、佐原 秀樹、中村憲剛あたり

のなかで「人間」松本育夫のおめがねに適うのは
佐原 秀樹、中村憲剛だけだったかな?とカッテに思ってマス。

ちなみに2000年ヤマザキナビスコカップでは、優勝「鹿島」
準優勝「川崎」だったワケです。今回FC東京の城福浩監督も
富士通サッカー部でプレーした1人。
ナビスコ勝利も感慨深いでしょうか?

松本育夫さんはいまサガン鳥栖サガン鳥栖のGM。
先日は、岸野監督の退任会見でダメ出しされ、
「本気でプロの仕事をせなあかん」などと

またもや壁にぶち当たり、そしてまた次なるサッカーの夢を
構築していってくれるであろう、このヒトに注目します!

11月14日 天皇杯4回戦で、ガンバ大阪を倒せるか?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dbe4remix.blog76.fc2.com/tb.php/110-d8fd74df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。